歯科用CTとは



歯科用CT

1回の撮影で口腔内の高精細な3次元画像を作ることができる最先端の機器で、導入している歯科医院はそれほど多くありません。従来のレントゲンによる診査ではわからない小さな病巣まで確認することもできる優れものです。


歯科用CTを使うメリット


あらゆる方向の細かな断面画像を撮影することで、通常は見えない正確な骨の形態まで把握でき、とても精度の高い観察が可能です。

患者さまにとって、安全性・確実性において非常にメリットがあります。


歯科用CTで撮影された画像

歯科用CTが威力を発揮するのはこんな時


歯科用CTは主に下記のような場面で利用できます。

  • インプラントの術前診断・術後確認
  • 歯周病診断における骨の状態の把握
  • 歯根の病巣の診断
  • 歯根の形の診断
  • 歯および歯根の破折の診断
  • ムシ歯の診断
  • 顎関節・上顎洞などの病変の診断

記載した以外にも利用場面はありますが、どの場面においても患者さまにとってより正確で安全な治療が受けられるというメリットがあります。

インプラント手術前に撮影することで、人工歯根を顎に埋め込む位置や角度、材料の適切なサイズなど詳しく確認できますので、より安全・安心の施術を受けていただくことができます。

また、術前だけでなく、手術後にもCT撮影を行い、3次元的に術後の経過を検査することが近年では重要視されています。

つまり、歯科用CTを設置した歯科医院にてインプラント治療を行い、施術後すぐに検査を行うことこそ、安全なインプラント治療の第一歩であると考えられています。