インプラントとは


インプラントとは、歯が抜けた部分の骨に人工の歯根(インプラント)を埋め込み、しっかりと人工歯根と顎の骨とを結合させた後、その上に人工の歯冠を作って装着する治療方法のことを言います。


従来は歯が抜けてしまった場合、一般的に入れ歯やブリッジという方法がとられていました。しかしながら、どうしても入れ歯のわずらわしさに慣れなかったり、固いものが食べにくい場合もあり、また、ブリッジの場合、周りの健康な歯を削らなくてはならず、長期的にはむし歯や歯周病の原因になるとも言われております。


インプラントであれば、抜けた部分だけの治療となるため、健康な他の歯を傷つけることはなく、比較的しっかりと顎に固定できるため咬合圧(噛むときにかかる圧力)のバランスがとれ、他の健康な歯への負担が少なくなります。


もちろん、入れ歯のわずらわしさからも解放されます。





歯が中間で抜けた場合



ブリッジ

保険治療の場合

ブリッジという手法をとります。隣の健康な歯を削りブリッジします。





インプラント埋め込み

インプラント治療の場合

隣の健康な歯を削ることなく、植立し、人工歯を取り付けます。自分の歯と区別がつかないくらい治療の跡がわかりません。









奥歯が数本抜けた場合



部分入れ歯

保険治療の場合

局部床義歯=部分入れ歯という方法をとります。取り外し可能な部分入れ歯を作り、バーを左右に渡して固定します。さらに止め金でも固定します。






複数箇所のインプラント

インプラント治療の場合

数本のインプラントを植立し、インプラント同士を連結します。入れ歯を固定するバーや止め金が不要です。







インプラントの料金

(1本あたり : 320,000円程度)





全ての歯が抜けた場合



義歯

保険治療の場合

通常の入れ歯(義歯)を作成します。強い力を加えると外れることも稀ではありません。





インプラント義歯

インプラント治療の場合

顎にインプラントを入れ、これに入れ歯(義歯)を付けるため、落ちにくくなります。歯が全くない場合も可能です。

(520,000円程度)








マグネット義歯について



マグネット義歯

歯根が残っている場合、そこに磁石を取り付けて、義歯とくっつくようにすると磁石の力で落ちにくくなります。入れ歯を小さくできる利点もあります。

(170,000円~270,000円)







インプラントは「第3の歯」とも呼ばれています


歯のない場所に人工歯根を埋めて、その歯根に独立した1本の歯を作ることができるため、インプラントは「第3の歯」と呼ばれることがあります。

再生不能だった歯を人口であるにせよ、よみがえらせる事ができるという意味で、ブリッジや部分入れ歯とは全く異なる治療法です。

インプラントのメリットは、天然歯とほぼ同様に噛む機能にまで回復できることはもちろん、外見も自然の歯とほとんど変わらないため、お食事や会話をより楽しめるようになり、精神的な若々しさを取り持とすという点もあります。

当院でもこれまで多くの患者さまにインプラント治療を受けていただき喜んでいただいております。詳しい治療方法や費用、その他何かご不明な点などありましたら、スタッフまでお気軽にご相談ください。