visiting dental care 訪問歯科

訪問歯科で
お口の健康を守る

訪問歯科

visiting dental care

通院したくてもできない方のもとへ
歯科医師や歯科衛生士が伺います。

『訪問歯科』とは突発的な事柄で訪問する『往診』とは違い、継続的に患者さまのもとへ訪問し、治療などを行う計画的な歯科医療サービスです。
ご病気や年齢など様々な理由から通院が難しい方のご自宅や入居先に訪問し、治療や専門的口腔ケアを行うことで、健康なお口の状態を維持していくことのお手伝いをさせていただきます。

利用できる方

訪問歯科は自力での通院が困難な方が利用できる制度です。

  • ◯通院ができずご自宅での治療を必要とされる方
  • ◯外出が困難な方

訪問歯科で対応可能な主な診療内容

むし歯・歯周病治療

歯科医院で行っている一般的なむし歯治療や歯周病治療を行っています。痛みや不具合がある箇所をまず治療し、口腔内を健康な状態に戻すことが大切です。

口腔ケア

歯石・歯垢を取り除いたり、歯・歯ぐき・舌などの粘膜の清掃などを行い、細菌の増殖を防ぐことで、むし歯・歯周病・誤嚥性肺炎や様々な感染症の予防につながります。

義歯の調整・修理・清掃

食事をしやすくするために、義歯(入れ歯)の作製・調整・修理を行います。また入れ歯の清掃を行うことで口腔内の細菌の増殖を防ぎます。

訪問歯科をご希望の場合

01
ご依頼

まずはお問い合わせ下さい。
訪問可能かどうかをまず確認し、訪問可能な場合は日程を調整いたします。
正式な依頼ではなく、まだ検討段階という方からのご相談やご質問ももちろん受け付けておりますので、お気軽にご連絡ください。


02
問診・検査

初回のご訪問時は、まず問診を行いますので、お口の悩みや症状などをお聞かせください。
その後はお口の中を検査し、患者さまのお体の状態を考慮しながら、今後の治療方針を立てていきます。

03
治療

体調や健康状態を観察しながら治療を開始します。
お体やご気分の状態によっては、寝たまま治療を受けていただくことも可能です。

費用について

医療保険、介護保険が適用できます。

 訪問歯科の場合であっても歯科医院で行う治療や口腔ケアなどは「医療保険」「介護保険」が適用されます。

後期高齢者の場合

医療費の1割(または3割)をご負担いただきます。(所得により月々の医療費自己負担額には上限がございます))

国民健康保険・社会保険に加入されている場合

原則、医療費の3割をご負担いただきます。

身体障害者の認定を受けている場合

原則、無料で受けていただけます。(※地域によっては治療費がかかる場合もあります。)

よくあるご質問

Q

訪問歯科診療では、どのような治療を受けられますか?

A

持ち運び可能な訪問歯科用のポータブルユニットをご自宅や施設に持参しますので、歯科医院での診療とほぼ同程度の治療が可能です。
※器具器材の都合上、訪問歯科では対応できない治療がございます。
また、歯科衛生士による専門的口腔ケアを受けることができます。

▼ポータブルユニット

Q

治療の際に何か用意するものはありますか?

A

保険証、服用中のお薬、印鑑をご用意ください。また、電源と流しをお借りする場合がございます。

Q

交通費はかかりますか?

A

基本的に交通費はいただいておりません。

Q

施設を運営している者ですが、施設へ訪問して診療をしていただくことは可能ですか?

A

まずは詳しくお話をうかがってからとなりますので、ご連絡下さい。