menu 診療案内

インプラント

歯を失った場所に
「新しい人工の歯」をつくる治療法

インプラントと他の治療との違い

歯を失った場合に、新しく人工の歯を作る代表的な方法としては、主に、インプラント、入れ歯、ブリッジの3つの方法があります。

その中で、インプラントは最も自分の歯に近い感覚で噛むことができる治療法です。
代表的な3つの方法の違いについてご説明いたします。

インプラントの特徴

インプラントとは、歯が抜けた部分の骨に人工の歯根(インプラント)を埋め込み、人工歯根とあごの骨とが結合した後、その上に人工の歯冠を作って装着する治療方法のことを言います。

メリット

  • しっかりと噛める
  • 周囲の健康な歯に負担がかかりにくい
  • 見た目も自然

デメリット

  • 保険適用外となる
  • 外科手術が必要

入れ歯の特徴

部分入れ歯は、留め金を使って自分の歯で支え、歯を失った場所に人工歯を固定するものです。

メリット

  • 保険適用となる場合が多い
  • 見た目や丈夫さ等を重視した保険外の義歯も選択できる
  • 外科手術は必要ない
  • 治療が短期間で済む

デメリット

  • 入れ歯を支える周囲の歯が傷みやすい
  • 付けたり外したりする必要がある
  • 硬い物が食べづらいこともある

ブリッジの特徴

ブリッジとは歯を失った場所に、人工歯を周りの歯と連結して被せる治療法です。
つまり、周囲の歯を土台として利用します。

メリット

  • 保険適用となる場合が多い
  • 見た目や丈夫さ等を重視した保険外の治療も選択できる
  • 固定性のため取り外しは必要ない
  • 外科手術が必要ない

デメリット

  • 周囲の歯を削る必要がある
  • 土台となる歯に負担がかかる
  • 連結部分の清掃が難しい

インプラント治療の流れ

01
問診・カウンセリング

インプラント治療の概要やメリット・デメリットをご説明します。不安や疑問がない状態で治療を始めるために、些細なことでもご質問ください。

02
検査・治療計画

CT撮影などを行い、診査・診断をします。その後、治療計画を作成します。

03
治療計画のご説明とお見積もり

治療計画とお見積もりについてご説明いたします。

04
前処置

インプラントを埋め込むために必要な処置があれば行います。
虫歯や歯周病の治療、顎骨の再生治療など、患者さまによって必要な処置は変わります。

05
インプラント埋入手術

人工歯根を顎の骨に埋める手術をします。処置時間は平均して30分から40分程度になることが多いです。

06
治癒期間

インプラントが顎の骨と結合するのを待つ期間です。期間は平均で2ヶ月~3ヶ月間です。

07
上部構造(人工の歯の部分)の製作

口腔内の型取りを行い、被せ物の製作をします。

08
上部構造(人工の歯の部分)の装着

被せ物が完成したら装着し、噛み合わせなどを調整します。

09
メンテナンス

通常、3ヶ月に1回程度、定期的なメンテナンスにご来院いただきます。

治療にかかる費用について

診査・診断料

18,000円(税込)

治療費(1歯あたり)

404,000円(税込)〜475,000円(税込)